上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛鳥でスラッシャー討伐
08110.jpg
10名程。盆休みも始まったしこんなものだろう。

きつい偏頭痛がきて、朝方までずっと呻いていた。しばらくきていなかったので油断していた。
私の偏頭痛は閃光暗点という、所謂目のチカチカから始まって、そのチカチカが消える頃にきつい頭痛が始まる、というものなのであるが、そのチカチカの見える面積の広さと頭痛の度合いが比例するのである。
昨日のチカチカは片目の視界の半分ほどを覆うもので、経験上なかなか無いと言うくらい広いものであり(大体は星粒3,4個とか北斗七星みたいなのが1個とかそんなもん)、ああこりゃやべぇ、ととっとと布団に入ったのだが、時すでに遅いというかなんというか頭痛はすぐにやってきて、時計は確認してない、というか確認する余裕も無かったが、外が結構明るかったので6時くらいだっただっただろうか、それまでずっと、AAAAAAaaaaaaaAAAAiiidddeeeeeeeeeeaaaAAaaaaと呻いていた。頭痛の箇所が眼球の奥のほうとかこめかみあたりであると、このくらいの度合いの頭痛だとまず吐くのだが、昨日の頭痛はおでこの上の方の大体頭頂の真ん中当たりで、なぜか吐き気は無かった。
子供の頃はよく無理矢理耐えては、クラスメートの子に「○○君大丈夫?顔色悪いよ?」とか言われてたものだ。そうして結局は保健室に行き、6時間目の授業が終わるまで休ませてもらって、その後ふらふらしながら家に帰るのである。
偏頭痛に苦しんでいる人も多いとは思いますが、今は色々いい薬があるみたいです。
頭の血管の急速な収縮によって引き起こされると言われる偏頭痛ですが、その急速な収縮を抑えることにより、頭痛を緩和させる?とかそんなん効果があるらしいです。
私みたいに無理に耐えてもほんとアホらしいので、さっさと医者にかかるとよかでしょう。



...と脱線しつつおしまいける
08111.jpg
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。